前回の投稿から辛うじてほぼ一ヶ月以内での書き込みができました。(^^;)

思い立って3月の末に、メインマシンのOS XをYosemite(10.10)からEl Capitan(10.11)へのアップグレードを行いました。何よりもOS Xの標準ブラウザSafariの動作が緩慢すぎて、日常のお仕事に非常なストレスを感じていたので、諸々の周辺機器ドライバ(と言っても主にはスキャナとプリンタだけですが)の対応も整った様子だったので、遅ればせながらのアップグレードでした。

アップグレード作業そのものは数時間で済んだのですが、今回はSafari関係のスローさを引きずりたくなかったので、各種環境設定を引き継がないクリアインストールとしました。もっとも、そのお陰でアップグレード後の動作はサクサクで良かったんですが、各アプリのアクティべージョン(ライセンス有効化)とメールの移行、ブラウザのブックマークやら1Passwordのデータ移植などなど、予めバックアップしてファイルを書きだしておいたにもかかわらず、完全な環境を復旧するのに足掛け3日を要してしまいました。(^_^;)

全体の動作は快適になったんですが、ブラウザの機能拡張で便利に使っていた1Password(ログインIDやパスワードを記録して必要な時に呼び出せる)のプラグインをインストールしようとした時に困ってしまいました。
ページを開けませんというのは、どうした訳かhttps://のサイトへのログインに失敗してしまう事。こんな表示が出て先に進めません。これがダイアログウインドウではなく、薄いグレーのページの中央にこの言葉があるだけなので、手も足も出ません。
「ンン〜?(?_?) 今まで問題なくアクセスできていたハズなのになぁ…?」と、Safariの環境設定を調べてみたりOSのシステム環境設定をあれこれいじってみても変化ナシ。

困り果ててAppleのサポートコミュニティ(ユーザー同士で困った事を解決できる掲示板)へ質問を投げてみました。
程なく、とある方から「このサイトのルート証明書はGlobalSign Root CAというものです。Macにこの証明書がないのでは?何らかの原因で、この証明書が利用できないために、アクセスできないのではないかと思います。」とのアドバイスを戴き、復旧ディスクで立ち上げてOSXの再インストールで解決できそう…という事が判りました。
で、再インストールも問題なく終わり、イザ問題のサイトへ… とアクセスしたものの結果は同じ。(´д`)
おかしいな…と、「ユーティリティー」の「キーチェーンアクセス>証明書」を開いてみても問題のサイトの証明書は見つからず。しばらくあーだこーだ弄っているうちに、どういう訳か急に前ぶれなくアクセスができて、機能拡張のインストールができちゃいました。(゜∀゜)(下の画像はAppleの証明書です)

Appleの証明書

一体何が起こったのか皆目分からないんですが、結果オーライという事にして納得する事にしました。(^_^;)