サイトの定期的な更新は、そのサイトの「鮮度」を保つために不可欠なものと言って良いでしょう。
造って公開したまま何年も同じ内容、同じ文面や同じ画像で変わらないままのサイトは、極論、死んでいるのと同じです。せっかく経費を掛けてサイトを設置しても、死んでしまっているのではその費用は無駄金になってしまいます。

Webサイトを造る際に、お客様からよく訊かれる事として「サイトの更新は自分たちで出来ないか」というものがあります。サイトオープン後の更新に掛かる経費を抑えようという事ですし、不況状態が続く昨今、無理からぬ事だと思います。ただ、同じクオリティで同じ様にページ内容を追加・変更していくには、それ相応の知識やスキルも必要だという事はご理解戴けるでしょう。
一般的なHTMLで作成したサイトの場合、そのHTMLを編集する知識・スキルと、お手元のPC内にHTML編集をするためのソフトが必要です。また文章ばかりではなく、そのページに画像を入れる場合には、画像の加工という作業も必要で、その為には最低限でも画像のレタッチ(明度・彩度・コントラストの調整)や画像サイズの編集(縦横のピクセル数変更)が出来ないと満足なものは出来ません。
問題は、どの部分を「自分たちで」更新するかという事でしょう。


イメージ画像:CMS一方で、お客様がサイト開設後に内容を追加したり変更したりできるシステムとして「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」というものがあります。これの代表的なもので、近年急速に普及しているものがWord Pressです。
Word Pressは様々なテンプレート(サイトの見た目を設定するもの)が、世界中に無料・有料で提供されていて、このdics worksでも使っています。
このWord Pressは、編集できるアカウントさえ持っていれば、作成した業者ではなく顧客様でもブラウザからログインし、ページ内部や投稿・インフォメーションなどを追加したり編集・変更したりする事が出来ますし、検索システムに対して有利です。(SEO的に優れている…と言います)

更新については、「何を」「どの様に」「どの位の頻度で」するか…この辺の事が重要です。
何を」の部分は、製造業などの企業サイトであれば新製品や新サービスの情報でしょうし、物販業などではイベントやキャンペーン、建築関係では施工例などがあるでしょう。また学校教育関係などでは月毎の行事やトピックスがあると思います。こういった情報を、読みやすく見た人を惹き付けやすい文章や画像で載せて、出来るだけタイムリーに掲載していくこと、これが「何を」に続く「どの様に」「どの位の頻度で」の部分です。
私が造らせて戴いたサイトの中には、このタイムリーな情報発信にブログを活用していらっしゃる例があります。ブログもSEO的に有利なもので、文章で検索したときに表示される結果の中で、かなりな数をブログの記事が占める程です。(Word Pressでもブログを作る事ができ、まさにこの記事がそのブログです)


さらに重要なのは「誰が」その更新をするか、という点です。
冒頭の「サイトの更新は自分たちで…」の部分がこれにあたるのですが、お客様の社員でどなたを担当にするかが、これからのサイトの命運を担っていると言っても過言ではありません。社員さんの中に個人でブログなどをやっている方がいらっしゃる場合は、ある程度文章表現や画像の使い方などに慣れていると思いますので、更新作業が割とすんなり出来る様になることでしょう。

問題があるのは、その様な方が社内に居ない場合。
経験の無い方が担当となって、最初の内は張り切ってブログを更新していても、経験やスキルが無いと文章を考えることが億劫になり、やがて日々の忙しさに追われ、ブログの更新が止まってしまう事があります。これが一番サイトの印象を悪くしてしまう事なのです。
そうした心配がある場合は、ブログ機能は置かないでページの更新を中心に考え、その更新作業を必要に応じて当方が請け負うという形をご提案致します。


いかにサイトの鮮度を保って常に見に来てくれる人(潜在的な顧客)を持ち続け、増やす事ができるか…という所が、サイトにとって重要な訳です。
当dicsでは、無理のない更新をし、なおかつ新鮮な情報を発信し続ける…この事を念頭に、サイトをご提案していきたいと考えています。既存のサイトをお持ちの場合も、これからサイトを造ろうと考えていらっしゃる場合も、この部分からの発想でサイトを維持し、ますます有効な集客のツールにする方法を提案させて戴きます。